【k8 カジノ パチンコ】決戦!P神!レジェンドトーナメント

CRA牙狼金色になれザルバとの契約はそのままの意味で残します。

CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~
CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~ » CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~ » CRA牙狼金色になれザルバとの契約はそのままの意味で残します。

CRA牙狼金色になれザルバとの契約はそのままの意味で残します。

「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~」は、その独自のゲームプレイ特徴的な要素により、プレイヤーを引き込むことに成功しています。このゲームは、ザルバとの契約を中心に据え、高度な戦略と巧妙な技巧を求めています。

ゲームの主要な特徴の一つは、その没入感あるゲームプレイです。プレイヤーはザルバとの契約によって、壮大で謎めいた冒険の旅に身を投じ、金色に輝く牙狼の世界を探索します。ゲーム内の美麗なグラフィックと迫力ある音響効果は、プレイヤーを臨場感たっぷりな冒険に引き込みます。

さらに、ゲームの玩法は戦略的かつ挑戦的です。ザルバとの契約においては、計画的なアプローチと的確な判断が必要とされます。リールを回転させ、特定の組み合わせを達成することでボーナスや報酬が獲得できます。しかし、敵との戦闘では臨機応変な戦術が求められ、状況に応じて戦略を適応させることが不可欠です。

また、ゲーム内での技巧も重要な要素となっています。プレイヤーは慎重に賭けを選択し、リスクを取って高い配当を狙うか、あるいは安定した勝利を追求するかのバランスを保つ必要があります。様々なイベントやチャレンジもプレイヤーの興奮を掻き立て、戦略の幅を広げています。

総じて、「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~」は、没入感あるゲームプレイ、戦略的な要素、そして技巧を組み合わせ、プレイヤーに独自で魅力的なスロットゲーム体験を提供しています。ザルバとの契約を通じて、プレイヤーはスリリングな冒険と興奮に満ちたゲームの世界を探索し、金色に輝く牙狼の力を手に入れることができます。

CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~(サンセイアールアンドディ)|パチンコ機種情報|パチンコビレッジ

CRA牙狼金色になれザルバとの契約~, CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~

PERFECT FACE OFザルバ。大当たり時などに出現するが、台枠上部にあるボタンを押すことですぐに収納することもできる(設定により作動を停止することも可能)。

潜確は搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

大当たりの詳細な内訳は以下のとおり。※電サポ100回はST6回+時短94回、電サポ50回はST6回+時短44回、電サポ25回はST6回+時短19回
・16R確変(電サポ100回)…6%、7R確変(電サポ50回)…4%、6R確変(電サポ50回)…40%、4R確変(電サポ50回)…5%、4R確変(電サポ25回)…45%

液晶上部から落下して中央で合体するゴールドビッグエンブレム、下部で動く魔導火の各役物を搭載。3Dパネルもある。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

ザルバ保留、ザルパトチャンス、ザルバ契約チャンスなどの新演出が搭載されている。「朝ザルバ」も搭載。

3大激アツ演出は、GARO保留、3Dインパクトカットインザルバ、邪竜ザジリーチ。

特別枠「ザルバ枠」とともに登場。枠上部にGAROロゴランプ、右側に牙狼剣、上皿近くにエンブレムプッシュ、そして枠最上部にPERFECT FACE OFザルバ、フェイス周辺に6個のパトライトの各役物を搭載。

●大当たり確率…99.9分の1→11.89分の1
●確変突入率…100%/6回転まで
●賞玉数…3&5&13
●ラウンド数…4or6or16R/右アタッカー9C
●大当たり出玉…約430or640or750or1720個
●電サポ回転数…25or50or100回転

『牙狼金色になれ』が魔導輪ザルバを中心とした演出を展開するマシンとなって登場!驚くほどに進化を遂げた本機はMAXだったスペックが甘デジになっただけでなく、全てがザルバ仕様に一新されている!特に目を引くのがP.F.O.GならぬP.F.O.Zという役モノで、今回はザルバの顔が飛び出す特別枠に変更されている。新要素は他にもあり、通常時からSTまであらゆる所にザルバが出現するぞ!

ステージ性能が優秀なので、回転率UPのためにはステージ止めが必須。実戦前にワープ周辺釘をチェックしておくとともに、ステージ性能には個体差が存在するため、特に入賞率の高い台は覚えておこう。

『金色』と同様に、左スルーを通れば通るほど電チュー開放抽選を受けられる。画面左上のミニスロット当選時は「狙え」のボイスと同時に右打ちをし、できるだけ多くの玉を電チューにブチ込もう。もちろん、左スルーの抜けが悪い台は避けたいところだが、ヘソと電チュー当選時の大当り振り分けに差が無いので、前作までと比べると重要度は下がる。回転率さえ足りていれば、ココの抜けが悪い台でも気にすることは無いだろう。

釘のゲージは概ね『金色』と同じだが、道釘の本数やおまけ入賞口周辺釘に若干の変更が加えられている。それによって、前作より「回りやすいゲージになった」点は通常時における最大のポイントだ。

下&上アタッカーともにひねり打ちが効果的。8カウントさせたのち、「弱→強」と2発(状況に応じて下アタッカーは3発も可)打ち出して重複入賞を狙おう。なお、16R大当り時は8R以降がコボレ玉の少ない上アタッカーでの消化となる。ここでのひねり打ちはややシビアなタイミングとなるが、バネの具合次第では決まるので、積極的に狙っていこう。

電チュー開放パターンは『金色』とほぼ同じで4回開放ワンセット。ただし、スルー周辺のゲージがカラくなったことで、これまで有効だった「単発打ち」がほぼ使えなくなった。インターバル止めを実践しつつ、小デジ保留が多い時にのみ単発打ちをするのが、まず1つ目の手段。

2つ目は自分(トラマツ)が実践している、ひねり打ち手順だ。打ち出し個数を増やしてスルーが枯れないようにしつつ、電チュー入賞率も上がるためおススメ。やや難易度が高いので、まずは1回ひねり→2回ひねり→推奨手順と徐々に慣れていこう。

2回目が開くと同時に打ち出し停止

3回目が閉じると同時に打ち出し開始 →以降繰り返し

◆単発打ち手順

1&2回目は開くと同時に1発打ち出し

3&4回目は閉じると同時に1発打ち出し →以降繰り返し

3回目が開くと同時に「弱→強」のひねり打ち

そのままストップボタンを使わず2個×3回

2回目が開くと同時に打ち出し停止 →以降繰り返し

ポイントは2つ。まず1つ目は、「弱→強」のうち1発目の玉をしっかり減速させることで、2発の玉がくっついた状態を作ること。ストップボタンを使わないため、この「減速」でタイミングを取る効果もある。

2つ目は、2個×3回の打ち出しを終えると同時に電チューを確認すること。もちろん、『金色』で慣れている人は2個×4回の全ひねりに挑戦しても良い。ただ、慣れていない人がこれをやると、電チューを目視で確認するタイミングが取れず困惑してしまう。なので敢えて2個打ちを3回でヤメて小休止のような時間を作ることで、止め打ち効果を大幅に下げずに難易度をユルくすることに繋げたのだ。

練習版として、「3回目が開くと同時にひねり打ちをして、あとはインターバル止め」をする1回ひねりや、「3回目が開くと同時に2個×2回のひねり打ちをして、あとはインターバル止め」をする2回ひねりなどの打ち方もある。

いますが パチンコ サンセイ CR牙狼金色になれ〜ザルバとの契約〜RR セル盤のみ 無加工 ルカリ - www.maturitnistudium.cz

CRA牙狼金色になれ。ザルバと契約する。

  1. 佐藤健太郎(Satou Kentarou): 「CRA牙狼金色になれザルバとの契約」は、ファンタジーの饗宴を提供する素晴らしいスロットゲームです。佐藤さんはこのテーマでの冒険に相応しい名前です。
  2. 田中雄一(Tanaka Yuuichi): このゲームは、田中さんのように緻密で冷静なプレイヤーにぴったり。ザルバとの契約を通じて、ファンタジーの世界に没頭できます。
  3. 山田拓人(Yamada Takuto): 山田さんは、CRA牙狼金色において剣と魔法の絶妙なバランスを楽しむプレイヤーの代表です。
  4. 小林大輔(Kobayashi Daisuke): 小林さんのようなリーダーシップのあるプレイヤーは、ザルバとの契約において冒険者たちを導くことができます。
  5. 伊藤悠太(Ito Yuta): 伊藤さんはこのスロットゲームでの興奮を求めるアドベンチャープレイヤーの代名詞です。
  6. 渡辺裕介(Watanabe Yusuke): 渡辺さんのような冷静なプレイヤーも、CRA牙狼金色の戦略的要素を楽しむことでしょう。
  7. 斎藤慎一(Saito Shinichi): 斎藤さんはファンタジーの舞台裏に潜む謎や秘密に魅了されるでしょう。
  8. 岡田拓也(Okada Takuya): 岡田さんのようなプレイヤーは、ザルバとの契約を通じて繰り広げられるエピックな物語に没頭することができます。
  9. 西村悠斗(Nishimura Yuto): 西村さんはこのゲームにおいて、冒険と戦略の両方を楽しむことができるでしょう。
  10. 松本雄介(Matsumoto Yusuke): 松本さんのようなプレイヤーは、ゲーム内の挑戦に対して果敢に立ち向かいます。
  11. 高橋誠一(Takahashi Seiichi): 高橋さんはゲーム内での誠実さと勇気を重視するプレイヤーの典型です。
  12. 井上悠馬(Inoue Yuma): 井上さんはこのファンタジーの世界において、自身の力を試す冒険者のイメージそのものです。
  13. 佐野拓也(Sano Takuya): 佐野さんのようなプレイヤーは、ゲーム内での友情や仲間たちとの協力に価値を見出すでしょう。
  14. 中村悠一(Nakamura Yuuichi): 中村さんのようなプレイヤーは、物語の奥深さとキャラクターの感情に共感することでしょう。
  15. 林優一(Hayashi Yuuichi): 林さんのようなプレイヤーは、ゲーム内での冒険を通じて成長することを楽しむことができます。
  16. 石川悠介(Ishikawa Yusuke): 石川さんはこのゲームにおいて、戦略的思考とスリリングな瞬間を求めるプレイヤーにぴったりです。
  17. 佐々木誠司(Sasaki Seiji): 佐々木さんのようなプレイヤーは、ザルバとの契約を通じてファンタジーの冒険に心躍ることでしょう。
  18. 橋本大地(Hashimoto Daichi): 橋本さんはこのゲームでの広大な土地を冒険し、隠された秘宝を見つけ出すプレイヤーのイメージです。
  19. 前田悠太(Maeda Yuta): 前田さんはゲーム内での仲間たちとの連携を大切にし、共に冒険する楽しみを知っているでしょう。
  20. 福田拓也(Fukuda Takuya): 福田さんのようなプレイヤーは、CRA牙狼金色において新たな冒険への扉を開けることができることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました