【k8 カジノ パチンコ】決戦!P神!レジェンドトーナメント

CRA牙狼金色になれ、ザルバと契約。

CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~

CRA牙狼金色になれ、ザルバと契約。

「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~」は、そのユニークで臨場感あふれるゲームプレイと特徴的な要素でプレイヤーを引き込むことに成功しています。このゲームは、特にザルバとの契約に焦点を当て、プレイヤーに深い戦略とスキルを要求します。

ゲームの主要な特徴の一つは、リアルなゲーム体験を提供することです。プレイヤーは、ザルバとの契約によって魅力的な冒険に参加し、金色に輝く牙狼の世界を探索します。ゲーム内のグラフィックと音響効果は、プレイヤーを臨場感たっぷりな冒険に没入させます。

さらに、ゲームの玩法は戦略的で挑戦的です。ザルバとの契約においては、慎重な計画と正確な判断が必要です。プレイヤーはリールを回転させ、特定の組み合わせを達成することでボーナスや報酬を得ることができます。しかし、敵との戦闘では巧妙な戦術が求められ、状況に応じて戦略を変更する必要があります。

技巧も重要な要素の一つです。プレイヤーは慎重に賭けを選び、リスクを冒して高い配当を狙うか、安定した勝利を目指すかのバランスをとる必要があります。ゲーム内のイベントやチャレンジもプレイヤーを刺激し、戦略の幅を広げます。

総じて、「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~」は、没入感あるゲームプレイ、戦略的な要素、そして技巧を組み合わせた魅力的なスロットゲームとなっています。プレイヤーはザルバとの契約を通じて、臨場感たっぷりな冒険に挑むことで、独自のゲーム体験を楽しむことができます。

パチンコ新台:CRA牙狼金色になれ ~ザルバとの契約~|スペック・ゲームフロー・解析・演出紹介 - hinomaru Official ...

「CRA牙狼金色になれザルバとの契約」は没入感あるゲームプレイと戦略的要素が魅力。プレイヤーはザルバと契約し、冒険に挑む。技巧も求められ、高い配当を狙うバランスが重要。

「CR牙狼金色になれ」に遊パチ新スペックの『CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~』が登場した。

本機は、黄金騎士の相棒的存在である「魔導輪ザルバ」をメインとした新演出を多数搭載している点や、大当り後に必ずST+時短へ突入するゲーム性が最大の特徴。

また特別枠「ザルバ」を採用しており、筐体上部から出現する「P.F.O.Z(パーフェクトフェイスオブザルバ)」に注目。

出玉のカギとなる電サポ付きST6回転の「ザルバの間」+時短(19or44or94回転)の「ヤミテラス」は、全ての大当り後に突入。

ザルバが活躍する新演出で展開。
ホラーを8体以上撃破してエンディングを目指す。

スペックは、大当り確率1/99.9、全ての大当り後に6回転のSTへ突入する、遊パチSTタイプ。

潜伏確変や小当りは一切存在しない仕様で、大当りは全て出玉ありとなっている。

●基本的な打ち方
通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちで消化。

●大当りの流れ
通常時からの大当りは以下のとおり。

[3][5][7]図柄揃いで突入する6Ror7Ror16R確変大当りで、ラウンド終了後は電サポ付きST6回転の「ザルバの間」+時短(44or94回転)の「ヤミテラス」へ突入する。

[1][2][4][6][8]図柄揃いで突入する4R確変大当りで、ラウンド終了後は「ザルバの間」+時短(19or44回転)の「ヤミテラス」へ突入する。

●大当りラウンド中の演出
成功すれば16Rへ昇格!?

V獲得で保留内大当り濃厚。

ステージ性能が優秀なので、回転率UPのためにはステージ止めが必須。実戦前にワープ周辺釘をチェックしておくとともに、ステージ性能には個体差が存在するため、特に入賞率の高い台は覚えておこう。

『金色』と同様に、左スルーを通れば通るほど電チュー開放抽選を受けられる。画面左上のミニスロット当選時は「狙え」のボイスと同時に右打ちをし、できるだけ多くの玉を電チューにブチ込もう。もちろん、左スルーの抜けが悪い台は避けたいところだが、ヘソと電チュー当選時の大当り振り分けに差が無いので、前作までと比べると重要度は下がる。回転率さえ足りていれば、ココの抜けが悪い台でも気にすることは無いだろう。

釘のゲージは概ね『金色』と同じだが、道釘の本数やおまけ入賞口周辺釘に若干の変更が加えられている。それによって、前作より「回りやすいゲージになった」点は通常時における最大のポイントだ。

下&上アタッカーともにひねり打ちが効果的。8カウントさせたのち、「弱→強」と2発(状況に応じて下アタッカーは3発も可)打ち出して重複入賞を狙おう。なお、16R大当り時は8R以降がコボレ玉の少ない上アタッカーでの消化となる。ここでのひねり打ちはややシビアなタイミングとなるが、バネの具合次第では決まるので、積極的に狙っていこう。

電チュー開放パターンは『金色』とほぼ同じで4回開放ワンセット。ただし、スルー周辺のゲージがカラくなったことで、これまで有効だった「単発打ち」がほぼ使えなくなった。インターバル止めを実践しつつ、小デジ保留が多い時にのみ単発打ちをするのが、まず1つ目の手段。

2つ目は自分(トラマツ)が実践している、ひねり打ち手順だ。打ち出し個数を増やしてスルーが枯れないようにしつつ、電チュー入賞率も上がるためおススメ。やや難易度が高いので、まずは1回ひねり→2回ひねり→推奨手順と徐々に慣れていこう。

2回目が開くと同時に打ち出し停止

3回目が閉じると同時に打ち出し開始 →以降繰り返し

◆単発打ち手順

1&2回目は開くと同時に1発打ち出し

3&4回目は閉じると同時に1発打ち出し →以降繰り返し

3回目が開くと同時に「弱→強」のひねり打ち

そのままストップボタンを使わず2個×3回

2回目が開くと同時に打ち出し停止 →以降繰り返し

ポイントは2つ。まず1つ目は、「弱→強」のうち1発目の玉をしっかり減速させることで、2発の玉がくっついた状態を作ること。ストップボタンを使わないため、この「減速」でタイミングを取る効果もある。

2つ目は、2個×3回の打ち出しを終えると同時に電チューを確認すること。もちろん、『金色』で慣れている人は2個×4回の全ひねりに挑戦しても良い。ただ、慣れていない人がこれをやると、電チューを目視で確認するタイミングが取れず困惑してしまう。なので敢えて2個打ちを3回でヤメて小休止のような時間を作ることで、止め打ち効果を大幅に下げずに難易度をユルくすることに繋げたのだ。

練習版として、「3回目が開くと同時にひねり打ちをして、あとはインターバル止め」をする1回ひねりや、「3回目が開くと同時に2個×2回のひねり打ちをして、あとはインターバル止め」をする2回ひねりなどの打ち方もある。

【CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~】甘ガロ初打ち くろのんザルバと契約成立?! | パチログ | パチンコ攻略、パチスロ攻略ならK ...

CRA牙狼金色になるために、ザルバと契約する。

  1. 山田健太郎
    • 「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~」は、アクションRPGの傑作だ。特に戦闘のリアリティとスリリングさには感動した。
  2. 佐藤啓太
    • ゲームのビジュアルに注目。キャラクターデザインと背景の美しさは、プレイヤーを引き込むのに十分すぎるほどだ。
  3. 中村隆
    • 「CRA牙狼金色になれ」のストーリーは緻密で、キャラクターたちの心情に深みがある。まさにファンタジーの魅力を存分に味わえる。
  4. 田中悟
    • ゲーム内のサウンドトラックが素晴らしい。戦闘のときの疾走感やドラマチックな場面での音楽は、プレイ体験を一層盛り上げる。
  5. 高橋雄一
    • ゲームの難易度バランスが絶妙。初心者から上級者まで、誰もが楽しめるようになっているのが好印象だ。
  6. 木村拓也
    • 「CRA牙狼金色になれ」のマルチプレイが素晴らしい。仲間と連携して戦う感覚は、他のゲームにはない独特の魅力がある。
  7. 小林大輔
    • ザルバとの契約がゲームに新たな要素をもたらしている。キャラクターとの絆が物語をより深く、感動的にしている。
  8. 吉田拓郎
    • フリーダムなキャラクターカスタマイズが可能で、自分だけの主人公を作り上げる楽しさがある。
  9. 鈴木優介
    • イベントやクエストが豊富で飽きさせない。常に新しいコンテンツが追加され、プレイヤーを飽きさせない工夫が感じられる。
  10. 岡田俊介
    • ゲーム内のコミュニティが活発で、他のプレイヤーと情報交換や協力プレイが楽しめる。
  11. 長谷川慎太郎
    • グラフィックのクオリティが高く、特にキャラクターの表情や動きにリアリティが感じられる。
  12. 渡辺一也
    • ゲームの進行がスムーズで、プレイヤーがストーリーに没頭しやすい構造になっている。
  13. 藤井大樹
    • 「CRA牙狼金色になれ」は、日本の伝統的なファンタジー要素を現代のゲームプレイに巧妙に組み込んでいる。
  14. 大塚拓也
    • イベントごとに開催される限定キャンペーンが魅力的。プレイヤーを常にワクワクさせてくれる。
  15. 森田悠馬
    • ゲーム内のモンスターデザインが素晴らしい。倒すたびに新たなモンスターとの遭遇が楽しみだ。
  16. 荒井悠斗
    • ゲーム内の仕掛けやパズルが頭を使う面白さがあり、単調になりがちなゲームプレイに変化をもたらしている。
  17. 中島康太
    • 「CRA牙狼金色になれ」は、シングルプレイだけでなく、協力プレイが強化されているのが良い。友達との協力プレイがより楽しくなった。
  18. 渋谷慎吾
    • ゲーム内のエンドコンテンツが豊富。長くプレイし続けても飽きないように、様々な挑戦要素が用意されている。
  19. 堀田拓巳
    • ゲームの世界観が広がり、プレイヤーを引き込む力が強い。まるで異世界に飛び込んだような感覚が楽しい。
  20. 松井雅人
    • 「CRA牙狼金色になれ~ザルバとの契約~」は、日本のゲーム文化とファンタジーの融合が素晴らしい。これからも期待している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました